サカイの新クラシックスタイル。伊勢丹メンズにポップアップショップオープン

FASHION HEADLINE / 2014年2月13日 13時0分

柄と柄の組み合わせや異素材のコンビネーションで独特なシルエットを作り出す

阿部千登勢率いる「サカイ(sacai)」は、伊勢丹新宿店メンズ館2階にポップアップショップをオープンした。17日まで。

14SSメンズコレクションは、カーディガンやVネックニット、ジャケット、シャツなどベーシックなアイテムに、素材やテキスタイルなどの組み合わせで、サカイが考える新しいクラシックスタイルを提案。女性デザイナーらしいフェミニンなムードで、明るめの色柄をアクセントに使うアイテムも多い。同ショップでは、伊勢丹メンズ館の「スペースファンタジー」というディレクションテーマをデザイナーのフィルターを通して表現したラインアップを取りそろえる。

同系色の重なり合う花柄のジャカード織りジャケット(2色/7万2,450円)とブルゾン(2色/6万9,300円)は、生地のベースがカモフラージュ柄。ボーダー柄のニット(3色/3万3,600円)の首元には大きなフラワー柄が編まれ、柄と柄を大胆に組み合わせた。ストライプのボタンダウンシャツ(3色/3万9,900円)は袖口部分のみストライプの上からボーダーをプリントすることによってチェックを表現。大柄のグレンチェックプリントのシャツ(2色/5万4,600円)は薄いナイロン素材にインクジェットでプリントする技法を用いている。

伝統的な技術や素材、テキスタイルをベースに現代の技法を取り入れることでサカイらしい、スタイルを見せる。ニットの裏地に硬めの布を用いるなど1着の中に施されている様々な工夫により、柔らかさと張り感をもたらし、独創的な質感を生み出している。

「ブランドが拡大するに連れ、様々な人との出会いやコレクションでの経験などデザイナー自身の日常が変化し、それが原動力となりデザインの幅を広げている。着てみるとより良さが分かると評価されているブランド。ベーシックなシャツやカットソーからまず袖を通してみて欲しい」とブランド担当者は話す。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング