イッセイミヤケメン、雄大な自然を旅して生まれた服【14-15AWメンズ】

FASHION HEADLINE / 2014年2月13日 20時0分

イッセイ ミヤケ メン14-15AWコレクション

高橋悠介がデザイナーに就任して2シーズン目となる「イッセイ ミヤケ メン(ISSEY MIYAKE MEN)」の14-15AWコレクションショーは、パリの自社ショールームで開催された。

バックパックで世界中を旅するという高橋は、雄大な自然からインスピレーションを得てコレクションを構成。彼の得意とするバティック染め(ろうけつ染め)は、今シーズン3色の刷毛染めを施してマグマのイメージに仕上げ、シンプルなフォルムのスーツに落とし込んでいる。

2重編みを部分的にカットし、縮絨させたダイナミックなポンチョはフィヨルドを表現。キルティング加工のプリズムフィルム地で仕立てたブルゾンやコートは、スポーティーで華やかな印象で、角度によって表情が変わるのが特徴。テープ状のプリズムフィルムを、ウールとナイロンと共に織り上げたホームスパンのジャケットは、イブニングシーンでも活用できそうだ。

フィナーレの色鮮やかなプリントのシリーズでは虹を表現。転写プリント地をプリーツやツイスト加工してニュアンスを出している。鮮烈な色を配した革新的な素材を駆使し、イッセ イミヤケらしい、しかし新しい側面をプラスしたコレクションにまとめ上げていた。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング