クチュールの技術で作る、サンローラン流テディボーイ【14-15AWメンズ】

FASHION HEADLINE / 2014年2月18日 20時0分

サンローラン 14-15AWメンズコレクション

「サンローラン(SAINT LAURENT)」は、アンヴァリッド(廃兵院)の敷地内に特設したテントでコレクションを発表した。

クリエーティブディレクターのエディ・スリマン(Hedi Slimane)は、ミュージシャンを想起させる独自のスタイルを踏襲。テディボーイ・ロック的なムードの中に、サンローランらしい職人技が伝わる精緻で繊細な手仕事をミックスし、モダンなメンズクチュールを提案した。

ファーストルックでは、チェックのジャケットとスキニーパンツにハウンドトゥースのマフラー、ボーダーのナロウタイ、そしてミンクのコートを合わせ、カジュアルでもフォーマルでもないレイヤードスタイルを見せた。クチュールメゾンにしか生み出せない、リュクスなスタイリングとなっている。

シンプルなカジュアルテイストのブルゾンやコートなどは、Aラインに近い絶妙なボリューム感を出し、またジャケットもボックス型のフォルムで、今までに無いシルエットを形作った。スパンコールを刺繍したシャツやジャケットは、正にロックスターを思わせるグラマラスな雰囲気。フロントローを埋めたミュージシャン達に似合いそうな、フレッシュなアイテムが並んだ。

FASHION HEADLINE

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング