新宿伊勢丹に中東王室御用達コスメ・シファドバイが登場

FASHION HEADLINE / 2014年2月23日 13時0分

ドバイ発オーガニックコスメ「シファドバイ」伊勢丹新宿に登場

伊勢丹新宿店地下2階ビューティアポカセリーは新たにドバイ発コスメブランド「シファドバイ(Shiffa Dubai)」の取り扱いを開始した。同ブランドが百貨店で販売されるのは初。

同ブランド創設者・CEOのラミーズ・ハンダム博士はアイルランドの医学専門機関で訓練を受けたドバイ出身の皮膚科医。彼女自身が妊娠期間中に安心して使用でき、妊娠中の敏感な肌に栄養と潤いを与えるボディオイルを求めて作り上げたのが「ストレッチマークオイル」(100ml/1万1,550円)で、このオイルがブランド誕生のきっかけとなった。皮膚の構造やしわができる仕組みなど専門医としての知識と経験を元にスキンケア商品を開発している。

フェイシャルケア商品は「アロマティック フェイシャルクレンザー」(200ml/1万500円)、「スキンバランシング フェイシャルトナー」(200ml/9,450円)、この他にモイスチュアライザー3種をそろえ、美容液を使わないシンプルステップを提唱。ボディケア商品は個々の悩みに合わせたボディオイル4種(各100ml/1万1,550円)やスウィートネス ボディポリッシュ」(200ml/1万1,550円)がある。

古来より機能的な働きを持つと言われるオーガニックハーブとそのエッセンシャルオイルの原材料、原産地を厳選し、独自の比率で配合。ドバイ発の化粧品だが、オーガニック認証では世界で最も基準が厳しいとされるイギリスで製造され、創設者の動物愛護のポリシーから製品開発に動物実験は一切行っていないという。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング