ミハラヤスヒロの東京モッズに若冲も融合【14-15AWメンズ】

FASHION HEADLINE / 2014年2月24日 22時0分

ミハラヤスヒロ 14-15AWメンズコレクション

パレロワイヤル内のジョイスギャラリーにてプレゼンテーション形式で14-15AWメンズコレクションを発表した「ミハラヤスヒロ(MIHARAYASUHIRO)」。

「May Day(メイデー)」をテーマに、1950から60年代のイギリスに端を発したモッズムーブメントが日本にも飛び火し、東京モッズとしてファッション、音楽、ライフスタイルに影響を与えた時代にイメージを求めた。

典型的なモッズスタイルである三つボタンのジャケットにビンテージウォッシュデニムのパンツを合わせるなど、クラシックとストリートの両側面をスタイリングに取り入れている。パーカとレイヤードしているようなチェスターフィールドコートや、ウールのパンツとジーンズをドッキングしたパンツ、二つのデザインを半分ずつ組み合せたスニーカーなど、ユニークなデザインで新しいモッズを表現した。

またトレンドであるヘリンボーンのアイテムは、ハリスツイード社とのコラボレーションによるもの。フォトジャカードで表現されてたブルゾンやコートなど、様々なアイテムがそろう。

江戸時代中期に活躍した絵師である、伊藤若冲の作品からインスパイアされたモノトーンジャカードのスウェットなども登場。若冲を研究している美術家の宇高健太郎がの協力により、若冲の時代の色彩を追求し、ぼかしやにじみまでプリントで再現している。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング