日本初、アンディ・ウォーホル公式カフェが六本木ヒルズに期間限定オープン

FASHION HEADLINE / 2014年3月2日 11時0分

アンディ・ウォーホル・カフェ

六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」では、森美術館で現在開催中の「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」の関連企画として、展望回廊内のカフェ「マドラウンジ スパイス」で日本初のアンディ・ウォーホル公式カフェ「アンディ・ウォーホル・カフェ(Andy Warhol Cafe)」をオープンした。営業は5月6日まで。

期間中、カフェのインテリアはウォーホルにちなんだ特別仕様に変更。一面人工芝が敷き詰められた空間に、《牛の壁紙[黄色にピンク]》 や 《花》 といったウォーホルの代表的な作品をモチーフにした装飾が施されている。

また、通常のメニューに加え、ウォーホルの代名詞ともいえる《キャンベル・スープ缶》をはじめ、《ハンバーガー》や《バナナ》、ウォーホルの自画像などの作品から着想を得た、限定のオリジナルメニューやスイーツを提供する。

更に、カフェには幻の大作《レイン・マシン》が隣接している。こちらは、美術と最新技術を融合させようとする試みから生まれた作品で、3D加工されたひなぎくの花の写真がマス目状に並ぶ壁の前に人口の雨を降らせるインスタレーション。大阪万博で披露されたものは劣化により破棄され、今回のものは新たに制作された改良版となっている。


【展覧会情報】
アンディ・ウォーホル展:永遠の15分
会場:森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F
会期:5月6日まで
時間:火曜以外は10時から22時まで 、火曜日10時から17時まで(4月29日、5月6日は22時まで)(4月19日は「六本木アートナイト2014」開催に伴い翌朝6時まで)(いずれも最終入館時間は閉館の30分前まで)
入館料は一般1,500円、学生(高校・大学生)1,000円、子供(4歳から中学生)500円

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング