UGGの14SS、ポップアートにインスパイアされたカラフルなシューズが勢ぞろい

FASHION HEADLINE / 2014年3月2日 13時0分

「アグ オーストラリア」の14SSコレクション。ウィメンズはカラフルなアイテムがそろう

「アグ オーストラリア(UGG AUSTRALIA、以下UGG)」が、14SSコレクションを2月28日に東京・渋谷のUGG Australia SHIBUYAで披露した。

テーマは「ザ カラー オブ エクスプレッション(The color of expression)」。ウィメンズコレクションは、ポップアートにインスパイアされた万華鏡のような美しいカラーのアイテムをバリエーション豊富にラインアップ。スウェードスリッポンシューズの「ミーナ(MEENA)」と「マンディ(MANDIE)」を筆頭に、インソールのシープスキンやアッパーのディテールに配色を効かせたポップなデザインがそろう。アンディ・ウォーホルの作品「キャンベルスープ缶」に着想を得たというそれぞれのカラーには、”トマトスープ”や”リップグロス”などの名前が付けられている。

春らしい爽やかなストライプ柄のマリンシリーズは、ウェッジソールサンダル、スリッポンといったシューズの他、ショルダーバッグやトートバッグもそろう。メインビジュアルにも登場するエスパドリーユ「シボン(CHIVON)」は6色展開。スリッポンタイプのシューズはいずれもインソールや内側かかと部分にシープスキンを使用しており、UGGらしさをアピールする。

一方、メンズコレクションはシックなカラーパレット。デニムやキャンバスといった軽やかな素材を使用し、ブラウン・ネイビー・ブラックなどでまとめている。先シーズンより人気のカラーソールにはピンクやレッドといったビビッドなカラーを採用し、こだわりを効かせたのも特徴。またウィメンズと同様に内側かかと部分にシープスキンを使用したものも多い。

メンズ・ウィメンズ共にトレンドであるスニーカーも充実。ウィメンズではアッパーにデニム素材を編込んだメッシュタイプのものやレースをあしらったものなどが登場した。

お披露目イベントでは、シーズンテーマをイメージしたフードやドリンクが振る舞われ、AMIGAによるDJパフォーマンスや、アーティスト・さとうたけしによるライブペインティングなどで来場客を楽しませた。イベントなどで不定期に実施している、スワロフスキー製のクリスタルで自分だけのUGGをカスタマイズできる「ブリングイットオン(BLING IT ON)」サービスも行われた。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング