クチュールで環境保護を訴えるヴィヴィアン・ウエストウッド【14-15AWウィメンズ】

FASHION HEADLINE / 2014年3月15日 17時0分

ヴィヴィアン・ウエストウッド 14-15AWウィメンズコレクション

「ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood)」の14-15AWコレクションはペルーのアシャニンカ部族とオートクチュールのパイオニア、シャルル・フレデリック・ウォルト(Charles Frederick Worth)からインスパイアされた。

ドレープ性の高い素材やランダムヘムなどが揺れて優美な姿を披露。カッティングはブランドらしく、複雑・バイアス使いで独特のフォルムを出す。

ブランドアイコンのスクイグル柄やチェック柄に加え、今回は深いグリーンを多用。環境保護を意識した色使いという。終盤はゴージャスなイブニングルックが登場。ウォルトが好んだ軽やかなチュールを多用し、締めくくった。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング