多様な花を咲かせたトリコ・コムデギャルソン【14-15AWウィメンズ】

FASHION HEADLINE / 2014年4月1日 19時0分

トリコ・コム デ ギャルソン14-15AWコレクション

「トリコ・コム デ ギャルソン(tricot COMME des GARCONS)」は4月1日、14-15AWコレクションを発表した。デザイナーは栗原たお。テーマは前シーズンに続く、「エレガンス」。

今回は素材使いが目を引いた。艶のある黒いアウター群は綿裏毛にコーティングを施し、合皮のような風合いを持たせたもの。動く度に表情が変わるパンツはギンガムチェックにベルベット加工が施されている。

また、様々な手法で花柄を披露。オパール加工でバラを描いたジョーゼットトップス、別珍へのフラワープリント、ジャカードの花柄など多様に花開く。更にはオパール加工を写真に撮り、パッチワークのように並べたプリントシリーズが登場。これらが混ざり合って無彩色の中に奥行きが生まれる。

シルエットはAラインのワンピース、コクーンシルエットのコート、フレアスカート、ダウン・キルティングなど全体的にボリューミーな構成。袖もパフスリーブで可愛い。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング