『小悪魔ageha』のインフォレストが事実上の倒産

FASHION HEADLINE / 2014年4月16日 13時45分

インフォレストHP上での発表はまだない。

女性向けファッション誌『小悪魔ageha』などを出版するインフォレストが4月15日、資金繰りの悪化から事業を停止し、債権債務の調査を弁護士に一任した。

インフォレストは、2002年に英知出版の一部雑誌出版部門を分社化し設立。『小悪魔ageha』『nuts』『アイラブママ』などのファッション/ビューティー誌、『Samuraiマガジン』などの男性ファッション誌、のほか、パズル関連やコンピュータ関連の雑誌、書籍、ムックを発行していた。帝国データバンクによると、『小悪魔ageha』の発行部数が30万部に伸びた2008年3月期には、年売上高約59億4,500万円、通販事業を開始した2009年3月期には年売上高約74億9,600万円を計上していた。

しかし、雑誌の売上の低迷、広告収入の減少などにより年売上高は落ち込み、また同時期に親会社が変更、組織再編を進め経営の効率化を図ってきたものの売上の減少は下げ止まらず2012年3月期は年売上高約43億7,900万円にダウン。ここにきて資金繰りが限界となり、今回の事態となった。負債額は約30億円。

今後は出版物等のコンテンツ売却の検討を進めるとしている。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング