シルエットはジェンダーを超えた?【14-15AWトレンド4】

FASHION HEADLINE / 2014年5月4日 18時0分

セリーヌ。基本的にはボディを優しく包むリラックス感のあるシルエットを好むフィービーが、ボディーにフィットしたニットのセットアップやコートを発表。ジェンダーレスな雰囲気は健在

来シーズンの“a la mode”は何か。14-15AWパリコレクションを振り返り、歴史的背景も踏まえ次にやってくるトレンドを読み解く。今回は拡大し続けるシルエット。

ココ・シャネルの頃から、女性達は男性の服をワードローブに加えていた。その変遷はユニセックス、アンドロジナス、ジェンダーレスというキーワードとなり、ファッションを活性化させた。映画『アニーホール』でダイアン・キートンは、だぼだぼの男性服を着て登場し新鮮な驚きを与えた。男性の大きな服をそのまま着る発想は、オーバーサイズの服を生み出した。

デザイナーが女性像を描く時、オーバーサイズとロング&リーンのシルエットは違う個性の女性を表す手段に使われてきた。14-15AWの傾向として浮上したのが、両方のシルエットを混在させるブランドの登場だ。とはいえ、クチュール系のメゾンは、着る人のサイズに合った服作りが基本だからか、ボディに寄り添うシルエットを中心に展開している。プレタ系メゾンにとってオーバーサイズのシルエットは、今や定番となり、更にこのシーズンのようにロング&リーンシルエットと混在させることで、ビヨンド・ジェンダー(男女差を越えて)を表現しているのだろう。

詳細は写真キャプションに付記。写真は順に
「セリーヌ(CELINE)」
「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」
「エルメス(HERMES)」
「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」
「ミュウミュウ(Miu Miu)」
「クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)」
「サカイ(sacai)」

次はジッパーとスニーカー。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング