地球や社会に優しく、かつオシャレ。ルミネ大宮でエシカルについて考える

FASHION HEADLINE / 2014年5月20日 10時30分

LUMINE OMIYA MEETS ETHICAL

合同展示会「ルームス(rooms)」とルミネ大宮は、地球や社会に優しいショッピング・スタイルを提案するキャンペーン「LUMINE OMIYA MEETS ETHICAL」を、5月20日から6月1日までルミネ大宮で開催する。

「エシカル(ETHICAL)」とは“倫理的”や“道徳的”といった意味を表す単語。このエシカルをテーマにしたポップアップショップや、パネル展、下取りキャンペーン、ワークショップなどを実施する同キャンペーンは、地球や社会に優しくありながら、オシャレや価格にも妥協しない、新しいショッピング・スタイルを提案する。

ポップアップショップには、オーガニックコットンとフェアトレードのブランド「ピープル・ツリー」や、中南米の伝統柄をモチーフとした服飾や雑貨を販売、売上の一部を現地生産者に還元している「チチカカ」ほか、「FAM」「INHEELS」などが参加。オーガニック素材を用いたスタイリッシュなアイテムを販売する。

また、期間中はルミネ大宮の2・3階にて「エシカル」を分かりやすく解説するパネル展を開催。また、ミャンマー・ベトナム・東北支援のための下取りキャンペーンも行い、春夏のレディースアイテムを持ち込むと1点につき500円のショッピングチケットと交換する。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング