今年の中野セントラルビアパークは2倍に拡大。全く異なる4種のビアパークが登場

FASHION HEADLINE / 2014年5月20日 16時0分

中野セントラルビアパーク(イメージ画像)

7月1日から9月30日の3ヶ月間、中野セントラルパークにて、同エリア最大の屋外ビアガーデン「中野セントラルビアパーク(NAKANO CENTRAL BEER PARK)」がオープンする。

今年で2回目を迎える同イベントのコンセプトは、「ファミリーからオフィスワーカーまで全員が楽しめる洗練された都心のリゾート空間」。第1回の昨年の来場者数は2ヶ月で約2万7,000人に上ったため、今回は規模を2倍(広さ約1,487.6平方メートル、席数約400席)に、期間を1.5倍に拡大して実施される。

会場を四つのゾーンに分け、それぞれのゾーンを異なる4社が運営。共通のコンセプトに沿いながらも各社の特徴を出すことで、一つの場所で4種類の全く違うビアパークを楽しめる作りになっている。

コングレ(バール・コングレッソ)は、食材・ドリンク・空間にこだわったエリアを提案。バルニバービは、キャンプ気分を楽しめる“バーベキュー”などをビールと共に提供する。フットニックは世界12ヶ国以上の国際色豊かなメニューを取りそろえ、モンテローザは「リゾート地の屋台」をテーマにした酒場メニューを展開する。

会場の照明を手掛けるのは、六本木ヒルズのスカイイルミネーションなどを担当した照明デザイナー・内木宏志。暖色とグリーンのランタン450灯が照らすノスタルジックな空間で、様々なビールやメニューを味わうことができる。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング