スチュアート・ヴィヴァースの新生コーチは都会的なスピリット【14-15AWウィメンズ】

FASHION HEADLINE / 2014年5月26日 20時0分

コーチ 14-15AWコレクション

スチュアート・ヴィヴァ―ス(Stuart Vevers)がエグゼクティブ・クリエーティブディレクターに就任してから初のコレクションとなる、「コーチ(COACH)」の14-15AWコレクションは、アメリカンスポーツウエアから生み出される、軽快なスピリットが表現された。

ベーシックなアイテムに上質さを加え、実用性とラグジュアリーの間を漂うイメージを追求。コーチの職人技術と機能的デザインを融合させた。

レッド、キャメル、ブラックを基調とし、オーバーサイズのダッフルコートやワークジャケットにスポーティーなブルゾンやミニスカートなどをラインアップ。レザーグッズはハイカットスニーカーやウエッジソールのブーツ、ショルダーバッグなどをバリエーション豊富にそろえた。

千鳥格子風のグラフィックや、フリンジ使いなどには、様々なカルチャーが集まるニューヨーク・ダウンタウンを意識したアメリカ的なムード垣間見られる。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング