“可愛いけれどちょっと不気味”なティム・バートン展、六本木ヒルズで開催。500作品日本初公開

FASHION HEADLINE / 2014年5月27日 22時0分

The Nightmare Before Christmas storyboard1993

東京・六本木の森アーツセンターギャラリーにて、展覧会「ティム・バートンの世界」が開催される。会期は11月1日から1月4日まで。

ティム・バートン(Tim Burton)は、『シザーハンズ』や『チャーリーとチョコレート工場』『ティム・バートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス』など、“少し毒味が効いているけど温かみのある”作風が人気の映画監督。本展では彼が手掛けたスケッチやデッサン、写真、オブジェなど、日本初上陸の作品約500点が展示される。

中でも注目は、幼少期に描いたという膨大な量のスケッチ。映画の世界観をスケッチで表現することで知られており、幼いころからコミュニケーションの手段としてイラストを描いていたという。そんな彼の作品の原点に触れられる貴重な資料の他、幻となった企画の構想や、10代の頃に8mmカメラで撮影した秘蔵映像作品など、会場にはファンなら一度は見ておきたい展示が勢ぞろいする。日本限定のオリジナルグッズも販売される。


【イベント情報】
ティム・バートンの世界
会場:森アーツセンターギャラリー
住所:六本木ヒルズ森タワー52階
会期:11月1日から2015年1月4日
料金:一般1,800円 高校生・大学生1,300円 3歳から中学生800円

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング