ファセッタズムが“白と黒の世界”を新宿伊勢丹にオープン

FASHION HEADLINE / 2014年5月30日 22時0分

ファセッタズムが“白と黒の世界”を新宿伊勢丹にオープン

「ファセッタズム(FACETASM)」が、14SSコレクションを紹介するポップアップストア「サマーコレクション ホワイト×ブラック(Summer collection WHITE×BLACK)」を伊勢丹新宿店本館3階ザ・ステージにてオープンした。6月3日まで。

14SSのベストセラーアイテムというサイドにラッフルが付いたタイトなデニムスカート(ミニ2万1,000円、膝丈2万2,000円)の伊勢丹別注カラーとして白を展開。コレクションに登場したボーダーカットソーを今回のテーマに合わせて、モノトーンのフレンチリーブス(2万円)に落とし込んだアイテムも同店限定。カラーは白とオフホワイトのボーダー、白と黒のボーダーの2色展開。

ランウエイでモデル達が身に着けていたハンバーガーやコカコーラをモチーフにしたバングルやネックレスなどのアクセサリーは、クリエーティブ集団「マグマ(magma)」とのコラボレーションアイテム。ポップアップショップ期間はサングラス、ソックスなどの小物もそろい、同ブランドの世界観を集積した展開となる。

今年3月、メルセデス・ベンツの支援デザイナーに選出され、今後が期待されるファセッタズムデザイナー・落合宏理氏は、「14SSのシーズンテーマは“クロスジェンダー”と“タウン感”。メインカラーに黒と白にしてデザインに落とし込むことで強さと美しさが生まれた。自分にとって思い入れのある春夏シーズン最後のイベントを伊勢丹新宿店で開催できてとても光栄」と話す。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング