新宿伊勢丹にディースクエアードの“監獄”オープン

FASHION HEADLINE / 2014年6月11日 11時0分

新宿伊勢丹にディースクエアードの“監獄”オープン

「ディースクエアード(DSQUARED2)」は6月11日、伊勢丹新宿店本館1階ザ・ステージに14AWプレコレクションを先行販売する期間限定ストア「マドロック(#madlock)」をオープンする。17日まで。

同ブランドは、同店のシーズンインディレクションである“ビー ゴージャス(Be Gorgeous)”に合わせ、メンズからクラシックコレクションのタキシードやジャケット、ウィメンズからカプセルコレクションのブラック&ホワイトのドレスをそろえる。会場では、今シーズンの特徴でもあるレザー使いや異素材ミックス、ハイストリートスタイルを取り入れたデザインなど、ラグジュアリー感がありつつ、カジュアルアイテムとミックスコーディネートもできるアイテムが並ぶ。

会場は“クラシックゾーン”と“カジュアルゾーン”に分かれ、クラシックゾーンでは、同ブランドが1点1点、最高級のテーラーで仕上げたというアイテムが並ぶ。着丈がやや短くショールカラーの「トーキョー(TOKYO)」、ノッチドラペルの「ナポリ(NAPOLI)」など、スーツの特徴に合わせて都市の名前が付けられている。

カジュアルゾーンでは、同ブランドを象徴するアイテムであるデニムが展開され、裾の折り返し部分にオレンジのナイロン生地を使ったデニム(5万9,000円)、ビンテージ加工を施したデニム(7万5,000円)などを取りそろえる。

デザイナーのディーン&ダン・ケイティン(Dean&Dan Caten)兄弟のイラストがプリントされたTシャツ(1万9,000円)は同店限定販売。また、2人が昔買っていたというフレンチブルドックをモチーフにしたiPhoneケース(1万5,000円)、8GBのUSB(1万4,000円)、ブランドロゴ入りノート(9,000円)などのステーショナリーも販売される。

同ブランドの14AWコレクションのテーマは、“ジェイル(監獄)”。ランウエイショーでは監獄のようなセットが用意された。今回の同店ステージでもコンクリート風の床やビンテージ加工した壁など、監獄のイメージで設えられている。

会期初日の11日、来店者へバラの花をプレゼントする「ウェルカム・ローズ」サービスを実施(先着順・数量限定)。会期中は犬のイラストが描かれた限定ショッパーも用意する。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング