ザディグ エ ヴォルテールが大竹司とコラボ、“カウボーイになればよかった”

FASHION HEADLINE / 2014年7月4日 10時0分

大竹氏がザディグ エ ヴォルテールとのコラボで完成させたイメージビジュアル

「ザディグ エ ヴォルテール(Zadig et Voltaire)」は、現代美術家の大竹司とコラボレーションしたアイテムを伊勢丹新宿店本館2階センターパーク/ザ・ステージ#2で発売した。

ザディグ エ ヴォルテールの創始者ティエリー・ジリエ(Thierry Gillier)が来日した際、大竹の作品に感銘を受け、彼にイメージビジュアルのオファーをしたことから今回のイベントに至ったという。同ブランドの14SSテーマは、「I SHOULD HAVE BEEN A COWBOY(カウボーイになればよかった)」。大竹は軽快なタッチでカウボーイと動物を漫画チックに描いたビジュアルを完成させた。

今回、大竹が描いたビジュアルがプリントされたアイテムは、同店先行販売品。Tシャツ(1万4,000円から1万8,000円)、ノート(1,200円)、ストール(2万1,000円)、キーリングのチャーム(3,800円)をそろえる。また、今回のイベントのためだけに同氏が描いたアクリル画「ダンス(Dance)」(60万円)には、馬上に乗ったカウボーイとその背景が軽快かつコミカルに描かれている。

会場ではザディグ エ ヴォルテールの14AWの新作も紹介。レザーバッグ(3万4,000円から8万5,000円)、カシミヤニットのプルオーバーやワンピース(4万8,000円から9万円)、ウールのカーディガン、プルオーバー(1万6,000円から2万8,000円)を販売。また、1万5,000円以上購入した先着200人にオリジナルトートバッグのプレゼントを用意する。

大竹は1978年名古屋生まれ。伝統的な日本画を学んだ後、現在はアクリル絵の具を使用した平面作品を制作している。招き猫や妖怪など、日本独自のモチーフでアクリル絵の具を用いたカラフルな色彩を軽妙なタッチで作品を描く。

商品担当者は「ザディグ エ ヴォルテールの“モダンでロック”“優しさと強さ”など異なる要素を組み合わせた提案に、大竹の日本独自の漫画的な視点が掛け合わさったテイストが斬新で面白いと思い、イベントを企画した。今後も日本独自の視点が他の要素と掛け合わされたようなイベントを発信していきたい」とコメントする。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング