ビヨンセ&ジェイ・Zツアー、セクシー衣装はニコラのディーゼル

FASHION HEADLINE / 2014年7月4日 13時0分

ビヨンセ、「オン・ザ・ラン」ツアーでディーゼル着用

ビヨンセ(Beyonce)は、夫ジェイ・Z(JAY-Z)とのツアー「オン・ザ・ラン(On The Run)」において、ニコラ・フォルミケッティ(Nicola Formichetti)による「ディーゼル(DIESEL)」の衣装を着用した。

ニコラの14-15AWコレクションが、ツアーのストーリーラインである1930年代の強盗カップルを元にした夫妻初のコラボシングル『03 ボニー&クライド(03 Bonnie & Clyde)』の反逆的スピリッツと共鳴したという。

マイアミガーデンズで、ビヨンセはディーゼルのジョグジーンズを用いたボディコンシャスなデニム地のプレイスーツを着用。メタルパーツやスタッズを手作業で取り付け、スワロフスキークリスタルやブラックレザーのデコレーションを施したものに、ビヨンセのリクエストによりハンドペインティングやダメージ加工を特別にプラスした。

バックダンサーは、ビヨンセと同デザインを採り入れたメタリックストライプのボディスーツを着用。『ベイビーボーイ(Baby Boy)』では双子のフランス人男性ダンサー「レ・トゥインズ(Le Twins)」がパッチワークデニムのベスト、タンクトップ、アクセサリーの14-15AWコレクショントータルルックで登場し、ビヨンセも同コレクションよりブラックレザーのライダースジャケットを身に纏った。背面にはビヨンセの出身地である「Texas」の文字をカスタマイズ。

「オン・ザ・ラン」ツアーは、6月25日のマイアミを皮切りにフィラデルフィア、トロント、アトランタ、シカゴ、ロサンゼルス、サンフランシスコなど全米で開催され、フランス・パリの9月13日公演でフィナーレを迎える。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング