福岡・佐賀版ミシュラン発行。KLM、ミシュランマンと記念撮影会開催

FASHION HEADLINE / 2014年7月10日 8時0分

福岡・佐賀版ミシュラン発行記念撮影会、福岡空港にて開催

7月10日、『ミシュランガイド 福岡・佐賀2014特別版』が出版される。これを記念し、KLMオランダ航空(以下、KLM)は8日、福岡空港にて記念撮影会を実施した。

アムステルダムから福岡空港に到着した KL869便を迎え、ミシュランマンとして知られるミシュラン社の人気PRキャラクターのビバンダムを始め福岡県観光親善大使、佐賀市観光キャンペーンレディー、ミシュランタイヤ社、KLM関係者・乗務員が参加した。

今回発行される『福岡・佐賀2014特別版』で星付きは福岡45店、佐賀12店の合計57店。最高評価である「そのために旅行する価値がある卓越した料理」であると評される三つ星を獲得したのは、福岡市の寿司店「鮨行天」と日本料理店「嵯峨野」の2店。星付き飲食店やレストラン以外も多く掲載され、内74軒に「星は付かないものの調査員がおすすめするコストパフォーマンスの高い食事を提供するレストラン」を意味するビブグルマンマーク付き。うどん、ラーメン、餃子、水炊きなど福岡・佐賀らしい料理店も掲載されている。

日本ミシュランタイヤ株式会社代表取締役社長のベルナール・デルマス(Bernard Delmas)氏は「自然豊かで海・山の幸が豊富な福岡・佐賀のミシュランガイド発行でき嬉しい。日常の食事から記念日、接待など特別な食事シーンにも活用し、地域の魅力を再発見してもらいたい」とコメントを寄せる。ウェブサイト「ミシュランガイド・デジタル」にもセレクションを掲載中で、英語版ウェブも今秋公開予定。

KLMは2013年4月よりヨーロッパと九州を直行便で結ぶ初のエアラインとして福岡に就航。14年4月からは新たに1便を増便し、週4便で運航している。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング