代官山東横線跡地にフレッド・シーガル、キリン新業態など2015年春オープン

FASHION HEADLINE / 2014年7月17日 8時0分

東京急行電鉄(以下、東急電鉄)は、東横線の地下化により新たに創出されたトンネル上部の旧線路跡地に商業施設「(仮)代官山東横線上部開発計画」を開発する。2015年春開業を目指す。

代官山が街の新たなシンボルとなることを期待し、都心ながらも緑溢れる心地良い空間の創出を企図。「集い」「憩い」「刺激」のある新しいカタチの商業空間を目指す。

敷地面積3,200平方メートル、全長220mの東横線の線路跡地に、クラフトビールが楽しめるキリンビールの新業態「スプリング ヴァレー ブリュワリー トウキョウ(SPRING VALLEY BREWERY TOKYO)」、日本初上陸となる米国西海岸のライフスタイル複合セレクトモール「フレッド・シーガル(Fred Segal)」、同じく初上陸のサンフランシスコ発の人気ベーカリー「タルティーン ベーカリー&カフェ(TARTINE BAKERY & CAFE)」など5棟が出店予定。

パレスホテル東京やルミネのブランディングに携わるブランドプロデューサーの柴田陽子、建築事務所「ジェネラルデザイン」設立者の建築家・大堀伸、「シンクグリーンプロデュース(THINK GREEN PRODUCE)」代表の関口正人らがプロデュースを担当する。

東急電鉄は、国際的観光文化都市「渋谷」になるために、2012年開業の渋谷ヒカリエを皮切りに大規模な再開発に着手。渋谷駅の機能更新と再編、駅ビルの再開発を行い、渋谷駅直上、旧東横線渋谷駅、宮下町アパート跡地、道玄坂街区、桜丘口にも商業施設を建築予定。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング