エルメス、新ウィメンズディレクターはマルジェラ、セリーヌ経た女性デザイナー

FASHION HEADLINE / 2014年7月28日 8時0分

「エルメス」ウィメンズプレタポルテ新アーティスティックディレクターに就任したナデージュ・ヴァネ=シビュルスキー(Nadege Vanhee-Cybulski)

「エルメス(HERMES)」は、ウィメンズプレタポルテのアーティスティックディレクターにクリストフ・ルメールの後任として、ナデージュ・ヴァネ=シビュルスキー(Nadege Vanhee-Cybulski)を起用すると発表した。

ナデージュは36歳のフランス人。2003年にアントワープ王立芸術アカデミー卒業後、05年から08年まで「メゾン マルタン マルジェラ(Maison Martin Margiela)」に所属。その後は「セリーヌ(CELINE)」、オルセン姉妹手掛ける「ザ・ロウ(THE ROW)」で経験を積んだ。

彼女は15AWコレクションから製作に参加。ファーストコレクションは15年3月に発表される。ディレクター就任にあたってナデージュは、「その価値観に心から共感し、尊敬やまないエルメスで仕事ができることを幸せに思う」とコメント。エルメスCEOのアクセル・デュマは「彼女の才能と培ってきた経験は、メゾンのウィメンズプレタポルテに一層の発展をもたらすだろう」とメッセージを寄せている。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング