孤独なストーリーから導き出した、ヨウジヤマモトのグランジ【15SSメンズ】

FASHION HEADLINE / 2014年8月3日 20時0分

ヨウジヤマモト15SSメンズコレクション

モデルに栗原類をキャスティングしたことも話題となった「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」の15SSメンズコレクション。会場となったのは、パリのショールーム。

インスピレーション源となったのは、小津安二郎の映画『東京物語』。人間の生と死までをも見つめた深淵なこの映画のストーリーから、「PERDU(失われたもの)」というテーマを導き出しコレクションに落とし込んだ。

ジャカード織りのスーツには、プリントのシャツを合わせてモチーフ・オン・モチーフに。ホルスターやハーネスのようなベルトのジャケットがあるかと思えば、ノマド風のケープが登場し、バリエーション豊かなシルエットを見せた。

ピンストライプの生地をくり抜いてアップリケ刺繍したスーツや、ボタンを沢山縫い付けたジャケットなど、手の込んだアイテムも。ゆったりしたシルエットのデニムのセットアップも印象的だ。刷毛で汚したようなモチーフのシーチング地のシリーズでは、バックサイドに迷いネコや迷い犬の写真をプリントし、山本耀司本人の写真に「使い捨てOK」と書かれたジャケットも登場。

様々な素材を駆使し、様々なスタイルを見せたが、ヨウジヤマモトらしいシックなコードは終始失われず、最後にユーモア溢れる遊び心を見せて締めくくった。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング