国際アパレル機器&繊維産業見本市、2016年に大阪で開催

FASHION HEADLINE / 2014年8月11日 8時0分

8月8日に開催された記者会見の様子

「JIAM 2016 OSAKA 国際アパレル機器&繊維産業見本市」が、2016年4月6日から9日までの4日間、インテックス大阪で開催される。

1984年からこれまで10回開催されている「国際アパレルマシンショー」を新名称にリニューアルし、中核となるアパレル・衣料加工分野だけでなく繊維加工全般に関する展示・情報交換の場となる同見本市。展示規模は1,300小間、2万4,930平方メートルで、来場予定者数は3万人。うちアジアを中心とした海外からも5,000人の来場者誘致を目指す。

今回は「革新的ソリューションと高度加工技術」をテーマに、アパレル・繊維産業・服飾・生活空間に関わる技術やノウハウ、機器、素材、製品、情報、サービスが一堂に集結。「CAD・CAM」「刺繍・プリント」「ホームソーイング」「副資材」「素材」「繊維関連機器」「自動車・航空機関連」「インテリア」「服飾雑貨・生活雑貨」や「教育・人材育成」「情報サービス」など出展対象を前回の16品目から20品目に広げる。

同展示会を主催する一般社団法人日本縫製機械工業会(JASMA)副会長でJIAM 2016実行委員長の近藤章吾氏は「このテーマに沿って発信できるのはJIAMだけ。名称を変更することで、より幅広く出展・来場を募りたい」と意気込む。

また、新設される「展示特別支援制度」では、開催テーマに沿った革新的な自社新製品・技術・サービスの実演・展示を目的として出展する企業や新規出展企業を対象に、無償小間の提供などの支援を実施する他、「国際副資材総合展」などの関連見本市の併催を予定している。

出展申し込みは2014年9月上旬から受け付け開始。


【イベント情報】
JIAM 2016 OSAKA 国際アパレル機器&繊維産業見本市
-革新的ソリューションと高度加工技術-
会場:インテックス大阪2・3・4・5号館
住所:大阪府大阪市住之江区南港北1-5-102
会期:2016年4月6日から9日
時間:10:00から17:00(最終日は16:00まで)
入場料:ウェブ事前登録者は無料(当日1,000円)

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング