JFW、伊テキスタイル見本市「ミラノウニカ」に初パビリオン出展

FASHION HEADLINE / 2014年8月25日 20時0分

記者会見の様子。左より、貝原良治JFWテキスタイル事業運営委員長、川島朗JFWテキスタイル事業事務局長

一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構(JFW)と日本貿易振興機構(ジェトロ)は、9月9日から11日に開催されるイタリアのテキスタイル見本市「ミラノ・ウニカ2015AW(Milano Unica 2015AW)」に特設ジャパン・パビリオン「The Japan Observatory」を出展する。8月20日には記者会見が開かれ、出展概要が発表された。

ミラノ・ウニカに欧州以外の国がパビリオンとして出展するのは今回が初。日本のテキスタイルと関連メーカー29社・団体が参加し、日本のテキスタイルの魅力を発信する。川島朗JFWテキスタイル事業事務局長によると、ミラノ・ウニカのシルビオ・アルビーニ会長も「新たなブリッジを創り、新たなビジョンを拓き、相互に利益をもたらす新たな機会。イタリア及び欧州のトッププロダクションと同等の高品質、高度に専門的な日本のプロダクションと連携していく」と期待を寄せているという。

会場は日本を象徴する赤と黒を中心としたビジュアル構成で、JFWが提案するシーズン・トレンドの中から「時空詩魂」と「渋カワイイ エッセンス」という二つのテーマにフォーカスしたトレンドコーナー、出展各社の一押し素材を展示するインデックスコーナー、ビジネスラウンジ、リラックスエリア、出展者ラウンジなども設ける。

また、過去にジェトロが日本に招聘した有力ブランドのバイヤーを誘致し、ジェトロのスタッフや通訳者を配置してマッチングをサポート。「ジョルジオ アルマーニ(Giorgio Armani)」、「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」、「コスチューム ナショナル(CoSTUME NATIONAL)」、「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)」、「フェンディ(FENDI)」、「グッチ(GUCCI)」などのラグジュアリーブランドが来場を予定しているという。

三宅正彦JFW理事長は「日本の良さが国際的にも認められて来ていることを実感している。このチャンスをぜひ活かしてほしい」と挨拶。貝原良治JFWテキスタイル事業運営委員長は「匠の技術と最新の技術が融合する日本のテキスタイルを今後も継続してアピールして行きたい。安心安全さだけでなく、常に新しいものを開発する姿勢を知り、次への期待感を持ってもらえるような展示に出来れば」と話した。また次シーズンの出展も決まっており、8月末に出展社の募集を開始することも明かされた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング