ドリス ヴァン ノッテン、新宿伊勢丹で“トリックなアート服”を提案!

FASHION HEADLINE / 2014年8月27日 13時49分

2014年AWコレクション

8月27日から9月2日かけての1週間、伊勢丹新宿店本館3階のセンターパーク/ザ・スタージ#3で期間限定イベント「ドリス・ヴァン・ノッテン ディ アート(DRIES VAN NOTEN THE ART)」が開催されている。

会場はドリス・ヴァン・ノッテンの14-15AWコレクションを彩るオプティカルプリントで装飾され、ブランドの世界観を演出する音によって包み込まれる。今季のコレクションをフィーチャーするオプティカルプリントはイギリスの現代アーティストからインスパイアされて誕生した。

同館3階モードフロアで特別展示中の写真家・小山泰介による織り成される宇宙の神秘を彷彿させるアートフォトと、この限定イベントの空間との融合も見もの。フロア全体のスペーシーな雰囲気が、オプティカルアートが醸すミスティックな空気と奏でるハーモニーを堪能したい。

ポップアップストアで展開される商品は、色とりどりのオプティカルアートが施されたセーター(各8万3,000円)、大ぶりな花柄を落とし込んだドレス(19万6,000円)など。その他、ジャケットやカットソー、アクセサリーも紹介している。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング