ディーゼル、新宿伊勢丹で“火星のロックフェス”演出

FASHION HEADLINE / 2014年8月29日 16時0分

ロックフェスをイメージさせる2014年ディーゼルコレクション

「ディーゼル」は伊勢丹新宿店本館2階で9月2日まで「DIESEL ROCK IN MARS FESTIVAL」を開催している。

「ディーゼル×アート×伊勢丹ポップアップストア」第3弾となる同イベントでは、「火星のロックフェス」をテーマに、宇宙をイメージさせる空間を演出。同ブランドの14-15AWテーマである“ロックな”アイテムを販売する他、DIESEL ART GALLERYがセレクトした、新進気鋭の写真家・映像作家ヴァンサン・フルニエの作品「SPACE PROJECTシリーズ」も展示販売する。

ヴァンサン・フルニエは、ロンドン・ブリュッセルを拠点に世界中で活躍しているアーティストで、作品が各国のギャラリーやアートフェアに展示されている他、イタリアのMAST美術館、フランスのLVMH現代美術財団などにも収蔵されている。また、最近では、「POST NATURAL HISTORY」というタイトルの作品が、映画『アメージング・スパイダーマン2』に起用されたことでも話題を集めた。

会期中は、フェア限定品である豹柄のニットカーディガン(2万5,000円)や限定モデルのデニム(4万3,000円)が販売される。その他、先行アイテムとして、ニット・カーディガン12型、ジャケット9型、デニム3型も展開。ニット・カーディガンは、初秋の気温対応のために、薄手のものから厚手のものまでバラエティー豊富にそろえている。デニムは、ディーゼルらしいスキニーなデザインのものを中心に展開。

デニムを試着した人には、もれなくディーゼルのマニキュアをプレゼント。また、4万円以上の購入者には、本館2階のシャンパンバー「THE STAND」で、ディーゼル・ファームで造られたオリジナルワインがプレゼントされる。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング