椿山荘で東京の空にオーロラ広がるイベント、早乙女太一ショーも

FASHION HEADLINE / 2014年10月24日 18時0分

庭園内の幽翠池付近で行われる「森のオーロラ」

東京・目白のホテル「ホテル椿山荘東京」は、この冬限定のプラン「Winter Fantasia」を11月22日から提供。それに伴い、館内で様々なイベントが行われる。

庭園内の幽翠池付近では「森のオーロラ」が開催される。これは、光の演出によって、空に青や緑のカーテンを映し出すというもの。BGMと共に冬の夜を幻想的に演出する。開催期間は12月28日までで、時間は18時から22時40分まで。また、ホテル椿山荘東京ではこの時期、日没頃にはほたる沢周辺に霧が広がり、ちょうど盛りを迎える紅葉と共に幽玄の世界が楽しめるとのこと。夜には紅葉のライトアップも行われるので、夕方から夜に掛けて、この冬ならではの景色を満喫したい。

期間中に館内のレストランでは、オーロラにインスピレーションを受けた特別ディナー「イヤーエンドブッフェ」が提供される。タラバ蟹とズワイ蟹の食べ比べの他、サーモン、ニシンなど北欧をイメージした食材を使い、オーロラのように色とりどりの料理を用意した。開催期間は12月28日までで、価格は大人が8,500円、小学生が4,000円、幼児が2,500円。他にも、ロビーラウンジ「ル・ジャルダン」ではオーロラの色彩のゼリーを、メインバー「ル・マーキー」ではオーロラをフローズンカクテルで再現した「東雲空」というように、館内の飲食店ではオーロラ尽くしのメニューが提供される。

12月には各界のアーティストによるディナーショーも開催。12月15日には“100年に1人の天才女形”と名高い早乙女太一が、12月16日にはサイレントコメディー・デュオ「が~まるちょば」が、12月25日には氷川きよしがそれぞれ登場する。12月16日と17日には、ジャズミュージシャンTOKUとヒップホップMCのZEEBRAによるコラボステージも公演予定だ。

なお、ホテル椿山荘東京では、10月1日からホテルスパ業界初となる骨気(コルギ)の体験プラン「クイック骨気」を提供中。血流を作る骨に刺激を与えることで、血行を良くしたり、小顔効果を体感出来る。15分、30分の2プランを用意しており、フェイシャルやボティトリートメントと組み合わせての利用も可能だ。価格は4,200円から。

その他、“自然豊かな庭との融合による上質なくつろぎが心地よい第2の我が家”をコンセプトに、全260室のリニューアルを3年がかりで計画している。その第一弾となる「プライムスーペリアルーム」の予約を10月24日にスタート。宿泊は11月15日からとなり、12月26日まではリニューアル記念の宿泊プランを用意した。価格は1室4万5,000円からで、土曜と休前日はプラス5,000円での宿泊となる。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング