極限状態に生きる人々をとらえた写真展、奈良原一高の「王国」が56年ぶりに開催

FASHION HEADLINE / 2014年11月7日 15時0分

奈良原一高《「王国」より沈黙の園》

写真家の奈良原一高による写真展が、東京国立近代美術館にて開催される。期間は11月18日から3月1日まで。

奈良原は戦後を代表する写真家の1人で、58年に開催した個展「王国」で日本写真批評家協会新人賞を受賞。その後、一時はヨーロッパに渡り、滞在中に撮影した作品をまとめた「ヨーロッパ・静止した時間」で数々の写真賞を受賞している。

本展では58年に発表されたシリーズ「王国」から、プリント全87点が展示される。これは、北海道の修道院、及び和歌山の女性刑務所を被写体としたもの。極限状態を生きる人間をテーマとしており、タイトルはアルベール・カミュの中編小説『追放と王国』から取られている。小説の中で綴られた「その中央にヨナは実に細かい文字で、やっと判読出来る一語を書き残していた。が、その言葉は、Solitaire(孤独)と読んだらいいのか、Solidaire(連帯)と読んだらいいのか、分からなかった」という一節は、作品発表時に引用されている。

今回の展示では78年に発刊された写真集『王国 ―沈黙の園・壁の中―』の構成を忠実に再現。シリーズ全体像の紹介は東京では56年ぶりとなり、奈良原の傑作をまじかに見る数少ない機会となりそうだ。


【イベント情報】
奈良原一高 王国
会場:東京国立近代美術館ギャラリー4
住所:東京都千代田区北の丸公園3-1
会期:11月18日から3月1日
時間:10:00から17:00(金曜日は20:00まで)
休館日:月曜日(11月24日と1月12日は開館)、11月25日、12月28日から1月1日、1月13日
入場料:一般430円 大学生130円(高校生以下と65歳以上は無料)

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング