ディオールオムの来春は共鳴する音楽。M/Mパリスとコラボ

FASHION HEADLINE / 2014年11月10日 11時45分

ディオール表参道のウインドー。シートはM/M(PARIS)デザイン

「ディオール オム(DIOR HOMME)」は、15スプリングコレクションのイメージビジュアルを公開した。

今季はクリエーティブディレクターのクリス・ヴァン・アッシュ(Kris Van Assche)が、ニューウェーブやニュービート、エレクトリックミュージック等の共鳴し合う音楽ムーブメントに、エレガントで現代的な解釈をプラス。

サテン地のパイピングやステッチを施したポケットのアクセント、エンブロイダリーに蛍光色を使用。ブラックやブルー、グレーのパレットにホワイトやテクニカルグリーン、イエロー、ブルー、ブライトレッドのコントラストが映える。新たなシルエットのトラウザーやシャツ、クロップド丈のブルゾンも登場。

モデル達が佇むモジュラー式シーティングはクリエーティブデュオの「M/M (PARIS)(M/Mパリス)」がデザイン。13フォールコレクションよりコラボレーションを継続するM/Mパリスは、「モジュラー式シーティングは、ポーズを取りつつ避難場所になり得るデザイン。無限の使い道があるし、コンテンポラリーな都市建築を反映している」とコメント。アッシュも「コラボにより本コレクションをアーバンでモダンな視点から見られる」と述べる。

現在、ディオール表参道のメンズフロアではM/Mパリスによるモジュールのインスタレーションを開催している。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング