三陽商会100年コート、伊勢丹メンズで限定イベント。刺繍アートで新世界

FASHION HEADLINE / 2014年11月10日 22時0分

三陽商会100年コート限定イベント、伊勢丹メンズで開催

三陽商会が展開する「100年コート」の特設売り場「プライド イン エブリー ステッチ(Pride in Every Stitch)」が、伊勢丹新宿本店メンズ館1階に11月12日から25日までオープンする。

伊勢丹新宿本店が掲げる二つのテーマ「トレンチマニア」と「革新」に基づき、タイトルにもなっているステッチに着目。コート専業をルーツに持つ三陽商会の集大成でもある100年コートの縫製技術に、国内外で活躍するアーティスト・松岡亮による刺繍アートを融合し、革新的な世界観を表現する。

会場では100年コートの代名詞であるダブルトレンチコート(8万9,000円)やバルマカーン(ステンカラー)コート(7万8,000円)を展開する。100年コートに松岡の刺繍が入ったアートコートや刺繍作品を展示し、22日11時と14時より松岡によるミシンアートのデモンストレーションも実施。工場や機屋でのものづくりのビデオ上映も行い、各工程でのものづくりを感じられる工夫が施されている。期間中の購入者にはボタンカスタマイズサービス(ボタン代・修理代有料)も。

100年コートは、2013年に創立70周年を迎えた三陽商会が、新たに策定されたタグライン「TIMELESS WORK. ほんとうにいいものをつくろう。」に基づき同社の象徴となるモノをつくりたいという思いから製作。厳選された国産素材を用い「日本における匠の技に拘ったものづくり」を結集させ、14年はメンズ2型ウィメンズ3型で展開。動画も製作している。また、メンテナンスやアフターケアの情報発信、個別相談に対応する「100年オーナープラン」も実施しており、購入者の3割強が入会しているという。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング