集大成と新たな挑戦。デビュー15周年を迎える心境とは【倉木麻衣/生き方】

FASHION HEADLINE / 2014年11月15日 20時0分

倉木麻衣さんのベストアルバム「Mai Kuraki BEST 151A -LOVE & HOPE-」

仕事や家庭など、様々な場面で活躍する女性達を紹介するインタビュー企画「輝く女性の秘密」。第10回目は、2014年12月8日をもってデビュー15周年を迎えるシンガーの倉木麻衣(くらき・まい)さん。11月12日にベストアルバム「Mai Kuraki BEST 151A -LOVE & HOPE-」をリリースしたばかり。

また、現在日本各地を飛び回り全国BESTツアーも公演中。ツアー最終日の12月6日は東京・日本武道館にて15周年の集大成、そしてライブ公演300回を記念するスペシャルライブも控えている。そんな倉木さんに、15周年を迎える心境と音楽活動に対する思いを聞きました。


――デビュー15周年を迎えるにあたって、どんなお気持ちですか?

あっという間の15年でした。デビューの時は中学生の時に作ったデモテープがきっかけでボストンでのレコーディング、全米でのデビュー、そして日本デビューと目まぐるしく環境が変わりながら一気に進んでいった感じで、あまり実感が湧かないまま走り続けていたように思います。大学を卒業してから音楽活動に専念出来るようになって、より深く“音”を突き詰めていくようになったり、本格的なライブが出来るようになったりしてきました。デビューしてから本当にファンの皆さんに育ててもらいながらこれまで来たように思います。

――デビュー当時と今とで仕事に対する考え方や姿勢・やり方に変化はありますか?

デビューの時は10代で周りが大人ばかりだったので、「迷惑を掛けちゃいけない」などとすごく考えて、強がったり背伸びしたりしていた部分も多かったと思います。今はもっと自然体でいられるし、スタッフの皆さんとも良い信頼関係の中で仕事を進められているように思います。

――この15年でご自身の音楽はどのように変化したと思われますか?

デビュー当時はR&Bテイストの楽曲が多かったのですが、途中からロックテイストや色々なジャンルにもトライしていくようになりました。最近ではシンフォニックライブでオーケストラとも共演しました。これからも新しいことにチャレンジして行きたいと思っています。

――11月12日にベストアルバム「Mai Kuraki BEST 151A -LOVE & HOPE-」を発売されたばかりですね。このアルバムにはどのような思いが込められていますか?

今までもベストアルバムはリリースしてきましたが、今回は特に皆さんとの繋がりや、皆さんへの感謝の気持ちを伝えたいなと思って作った作品になります。タイトルの「151A」には今まで出会った全ての人とのご縁を大事にしたいという“一期一会”の意味と同時に、“15年(15)、一人ひとり(1)にありがとう(A)”という意味も込めています。“LOVE”と“HOPE”の2枚組にしたのも今まで私が大事にしてきたキーワードの2つをメッセージとして届けたかったからです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング