日本最大のH&M京都公開。COSは予想以上の売れ行き

FASHION HEADLINE / 2014年11月28日 18時30分

「H&M KYOTO」1階入り口

京都初出店となる「H&M KYOTO」が11月29日にオープンする。地下1階から地上6階までの7層構造で、売り場総面積は3,400万平方メートルで現時点では国内最大。

地下1階はメンズ、地上1階から4階はウィメンズ、5階はガールズ、6階はボーイズを販売。今店舗はウィメンズスポーツやマタニティラインもそろえ、フルコンセプトラインを扱う。

H&M KYOTO限定商品として、赤と黒を基調としたウィメンズアイテムを用意。ロングワンピース6,490円、ノースリーブワンピース7,490円、キャミソール2,490円、スパンコールショートパンツ5,490円、スパンコールショートパンツオールインワン6,490円というラインナップ。またオープン当日には先着100名にH&M KYOTOオリジナルのクラッチバッグをプレゼントする。

京都店のオープンに際して、H&Mジャパンのクリスティン・エドマン社長は「大都市への出店はほぼ完了できた。今後は郊外への出店を進めたい」と述べ、家族連れで毎日でも通いたくなるようなコンビニのような便利なショップというイメージを浸透させたい考え。また先日、青山に1号店をオープンした「COS」に関して、「数字は明かせないが予想以上の売上高でスタートできた。日本は他国に比べて口コミで広がるスピードが速い」と驚きを見せる。COSの今後の国内出店については「多店舗化は間違いないが次の出店はまだ検討中」と話すにとどまった。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング