満開の花、ぎらぎら光る若いグラマー【ロンドンコレクション:ウィメンズ最終日】

FASHION HEADLINE / 2014年11月30日 20時0分

シモーネ・ロシャ15SSコレクション

ロンドンファッションウィーク最終日の9月16日、各ブランドが15SSウィメンズコレクションを発表した。

教会を会場に、パイプオルガンの生演奏に乗せて披露された「シモーネ・ロシャ(SIMONE ROCHA)」のコレクションは花のイメージでいっぱい。ヌードカラーのチュールに真っ赤な糸で刺繍した花がドレスやヴェールとなり、立体感のある赤系の花々が全面を覆うドレスはシノワズリを感じさせる。ランダムな曲線を描くヘムや靴、バッグのフェザートリミングはタンポポの綿毛のようだ。



90年代グランジをベースとする「マルケス・アルメイダ(MARQUES'ALMEIDA)」は今シーズン、90年代から少し離れて、英ミュージシャンで詩人・アーティストとしても活動するPJハーヴェイ(Polly Jean Harvey)の難解な詩をインスピレーションとした。シャイニーなブラックデニムはルーズなトップや長い折り返しのある細身のパンツとなり、膝下まで垂れる長いベルトにはクリスタルがラフに乗せられる。デニムのドレスやスカートにはチュールが合わせられ、アシメトリーなレイヤードとなる。グリーン、レッド、フューシャ、アシッドイエローなど鮮やかな色はとりどりに組み合わされ、バイアスカットのドレスやフロントにギャザーをたっぷり寄せたトップにとなった。デニムをシグネチャーとし、デニムアイテムを中心に出してきたブランドだが、デニム以外のアイテムにもインパクトのあるピースが増えてきた。コインパースとキーホルダーが付いたバッグと小型のクラッチのダブル持ちは、強い色のスネークスキン柄もあってインパクト大。



若手合同ショー「ファッションイースト」は、「アシュリー・ウィリアムス(ASHLEY WILLIAMS)」に代わって2013年にセントマーチン美術大学BA(学士)を卒業したばかりの「エド・マーラー(Ed Marler)」が加わり、それぞれ2シーズン目の「ヘレン・ローレンス(Helen Lawrence)」、「ルイーズ・アルソップ(Louise Alsop)」とともにコレクションを見せた。ヘレン・ローレンスはニットウエアを中心としつつもラテックスなど異素材も組み合わせてコントラストを見せた。一度作ったセーターは、切り目を入れてまた縫い合わせられている。ルイーズ・アルソップは、胸の下やウエスト付近にカットアウトを入れたセクシーなドレスやシアーな素材を重ねたオーバーサイズのトップ、糸くずを集めて縫い付けたような柄のドレスなどを見せた。エド・マーラーは、タペストリー柄やユニオンジャックを大胆に使ったゴス風味のコレクション。「既存のイメージとは違うヴァンパイア」を目指したが、SFアニメのコスプレに見えてしまう。



セクシーなコルセットトップと長いスリットの入ったタイトスカートのコーディネートを基本としたのは「エミリオ・デ・ラ・モレナ(Emilio de la Morena)」。スパンコールやメタリック素材も多用して、グラマラスでゴージャスな雰囲気を盛り上げた。



スパンコール使いと言えば「アシッシュ(ASHISH)」。今シーズンは、レインボーカラーのボーダーやスネークスキン柄、ギンガムチェックを作り、人の顔を乗せた。スパンコールで覆ったダメージデニムの穴のふちからは、これもぎらぎらのフリンジが伸びている。モデルたちのヘアに施されたメタリックなエクステンション、大ぶりなラインストーンのジュエリーも合わせ、グリッター感にあふれた。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング