ルイ・ヴィトン、ピエール・ポランの未発表プロジェクトを現在に復刻

FASHION HEADLINE / 2014年12月5日 22時0分

ルイ・ヴィトン、ピエール・ポランの未発表プロジェクトを現在に復刻

「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」はデザイン・マイアミ2014で、家具デザイナーのピエール・ポランが手掛けたデザインを再現した家具を発表した。

フランスを代表する家具デザイナーのピエール・ポランは、72年にオフィス家具を手掛ける「ハーマンミラー」の住宅用プロジェクトに参加している。このプロジェクトでは人が周囲との関係を支配することで、よりパーソナルに利用出来るような空間構成を追及。外の世界から流入する情報について、その大部分を意図的に遮断することを目的としていた。

しかし、プロジェクトは結局一度も成果を見せることなく、現在ではパリの総合文化施設ポンピドゥーセンターに展示された模型にのみその姿を見ることが出来る。この模型は全6フロアに分けて配置されており、1階部分には基礎となるモジュール群を展示。その他、五つのフロアで家具の組み合わせ例が紹介され、自分なりのファニチャーの配置例を思い描けるような内容となっている。

そのプロジェクトを同ブランドが現代に再現。合わせて、イメージティザームービーも公開している。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング