オペラシティでスイスデザイン展。バリー、スウォッチら8大ブランド出展

FASHION HEADLINE / 2014年12月8日 22時0分

ル・コルビュジエ 「ル・コルビュジエ・センター」1967竣工

東京オペラシティ アートギャラリーは「スイスデザイン展」を開催する。期間は1月17日から3月29日まで。

この展覧会は日本とスイスの国交樹立150周年を記念したもの。鉄道、航空、時計、靴、家具、ファブリックなど、スイスから世界へと発信されていった様々なアイテムを集め、その歴史や思想をデザインの観点から紐解いていく。中でも、スイスを代表する2大デザイナーのマックス・ビル(Max Bill)、ル・コルビュジエ(Le Corbusier)については、その思想や哲学を解説するような展示が行われており、スイスデザインに一貫された合理性や普遍性に迫るきっかけになりそうだ。

その他、会場では「バリー(Bally)」「ビクトリノックス(Victorinox)」「スウォッチ(Swatch)」「USMモジュラーファーニチャー」「シグ(SIGG)」など、スイスを代表する8ブランドの作品を展示。アーカイブを豊富に取りそろえ、ポスターやデザイン原画といった貴重な資料も見られる。また、バウハウスや抽象絵画の影響を色濃く残す「スイスタイポグラフィー」、スイスデザインアワード受賞者の作品にもフォーカスし、それぞれを代表するデザイナーの作品が展示される予定だ。

なお、期間中には1月25日の「ル・コルビュジエとスイスデザイン」を皮切りに、全4回のギャラリートークが開催される。ゲストには大成建設ギャルリーの林美佐、デザインディレクターの柳本浩市などが招待され、スイスにおける現代デザインの起源から最先端までを把握するための参考となるだろう。


【イベント情報】
スイスデザイン展
会場:東京オペラシティ アートギャラリー
住所:東京都新宿区西新宿3-20-2
会期:1月17日から3月29日
時間:11:00から19:00(金曜日・土曜日は20:00まで。入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日、2月8日
入場料:一般1,200円 大・高校生1,000円 中学生以下無料

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング