彼へのプレゼントは決まった?伊勢丹メンズに聞いたオススメクリスマスギフト

FASHION HEADLINE / 2014年12月10日 22時0分

ルイファグランのカフリンクス

彼へのクリスマスプレゼントは決まっただろうか?「センス良いアイテムで、とびきり喜んでもらいたい」、そんな想いを叶えてくれるアイテムをそろえる伊勢丹新宿店メンズ館バイヤーに、エターナルなオススメギフトを紹介してもらった。

カジュアルなお洒落を追及する彼には「ファーロ(FARO)」がオススメ。同館1階のスモールレザーグッズ売り場の一角に構える同ブランドは、素材作りから縫製に至るまで日本の職人技が光る。それは“レザーの薄さ”だ。ジャケットの内ポケットに入れてもかさばらず、出し入れもスムーズという長財布(3万7,800円)は、1mm以下の単位で革作りがなされ、洗練されたスマートなフォルム。名刺入れ(1万5,120円)、キーケース(6,264円)も用意されている。同店先行販売のグリーン系の迷彩柄も一見アクティブながらも、上品な雰囲気。また、英国の「シンプソンロンドン(SIMPSON LONDON)」のLジップ財布(1万6,200円)のパープルもカジュアルさを保ちながら気品ある男のアイテムとしてオススメだ。

“大人の男のたしなみ”の代表格、万年筆も忘れてはならない。ダンディーな男のアイテムを展開する同館8階の売り場担当者が薦めるのは「ペリカン(Pelikan)」のスーベーレーン(Souveran)M800 緑縞」(5万2,000円)。この万年筆は、1997年にドイツの万年筆専門誌による“世界の万年筆人気投票”でペン・オブ・ザイヤーの栄冠に輝いた逸品。高品質を求める彼には同ブランドが最適だ。万年筆は初心者という彼には、ペン先が柔らかく、漢字が書きやすく定評がある「パーカー(PARKER)」の「ソネット(SONNET)オリジナル ラックブラックCT」(2万円)がオススメ。優雅でバランスのとれたこのスタイルは、手になじむ心地良い大きさだ。

同フロアからもう一つエントリー。その洗練されたルックスもさることながら、初心者にも扱いやすいシリーズもあるドイツの高機能カメラ「ライカ(Leica)」だ。ライカは初めてという彼には、シンプルな操作で扱いやすく、圧倒的な描写性能の「ライカX」(26万8,000円)がオススメ。ボディ全体に高品質のメタル素材を使用し、外装には上質なレザーが施され、スナップ写真や風景を撮影するのに最適というから、旅行に携行するのも◎。一番人気は「ライカD-LUX」(15万5,000円)だという。高性能な大口径ズームレンズを搭載で、ボケ味を活かした表現も楽しめるので、“文科系の彼”にオススメ。

“お洒落な着こなしをモットーとする彼”には、同館1階メンズプロモーションで12月25日まで展開している期間限定ショップ「コスチューム アクセサリー コレクション」へ立ち寄ってみてはいかがだろうか。「ルイファグラン(Louis FAGLIN)」のカフリンクスは、1万円から2万円代のラペルピンやカフリンクス、タイバーヴィスを中心に展開している。同ブランドは1899年の設立以来、1世紀以上にわたりヨーロッパを中心とした多くの著名ブランドのカフスリンクスを作り続けてきたフランスのメンズアクセサリーブランド。さりげないお洒落を楽しむ彼へのプレゼントに最適だ。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング