夏のイタリア庭園でレザーのレイヤードを楽しむトッズ【15SSウィメンズ】

FASHION HEADLINE / 2015年1月1日 22時0分

トッズ15SSウィメンズコレクション

アレッサンドラ・ファッキネッティ3シーズン目となる「トッズ(TOD’S)」15SSコレクションは「プライベート・グリーン」をテーマに夏でも軽やかなレザースタイルを披露した。カラーも明るい白やブラウン、ライラック、ブルーと爽やか。

「厚みが異なるレザーが重なり、体を有機的なフォルムで包み飾る」とファッキネッティが話す今回は、フローラル柄をレーザーカットではめ込んだスカートやワンピース、レザーシャツの上に重なるナイロンのように軽いレザーのボンバージャケットなどブランドのレザー技術を駆使したフェミニンなスタイルが続々と登場。メッシュのように開口されたボディを彩るフラワーグラフィックは何とも軽やかだ。大きいスクエアポケットやスナップボタンなどスポーティーな要素も取り入れる。

キーアイテムの一つは様々なレザーでヴァリアントが生み出されたバイカージャケット。縁をまあるくカットしたソフトな印象のもの、はめ込みディテールを用いた手の込んだものなど、どれもシャツのようにタイトかつ軽やかなフィットで提案。

ウエストを覆う抽象的な曲線で描かれたベルトは乗馬用サドルからインスパイアされたもの。両サイドが花弁のように閉じる新バッグ「ケープバッグ」も同様だ。同じく新型のフラワーバッグは口にフレアが入り可愛く曲線を描く。

アイコンシューズのゴンミーニはスピッラ(ピン)が付いて煌びやかに。また春夏らしくソールにエスパドリーユのようにロープが巻かれたモカシンも発表された。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング