インターネットが届けるMagic Moment【MY LITTLE PARIS1/2--ファニー・ペショダ】

FASHION HEADLINE / 2015年1月4日 21時0分

MY LITTLE PARIS創業者でCEOのファニー・ペショダさん

仕事や家庭など、様々な場面で活躍する女性達を紹介するインタビュー企画「輝く女性の秘密」。第14回は、フランスで最も成功したウェブサイトの一つである「マイ・リトル・パリ(MY LITTLE PARIS)」の創業メンバー、CEOのファニー・ペショダ(Fany Pechiodat)さんとイラストレーターのKanakoさんをパリに訪ねました。

MY LITTLE PARISは、2008年に、パリのおすすめショップやレストランを紹介するニュースレターとしてスタート。その後口コミで広まり、現在180万人が購読。「ファッショニスタお気に入りウェブサイト」(マダム・フィガロ紙)としても知られる。11年末、毎月異なるテーマを元にコスメやアクセサリー、ミニ雑誌などが届けられるサプライズボックスサービス「マイ・リトル・ボックス(My Little Box)」事業をフランス、ベルギーでスタート。現在、8万人以上が購入する人気サービスとなった。13年には日本でもMY LITTLE BOXのサービスが始まり、毎月パリから届くサプライズボックスを多くの女性が心待ちにしています。

そんなMY LITTLE BOXのオフィスは、パリ9区の駅すぐ近くのビル内。緑が美しい中庭を抜けてオフィスに入ると、吹き抜けになった共有スペースを中心に、エディトリアルチームやカスタマーサービス、エンジニアチームなど各部署の部屋が設けられています。それぞれの部屋にキッチンがあり、カップには持ち主の顔のイラストが描かれていました。新しいスタッフが入るとマグカップを贈呈するんだとか。壁にはKanakoさんによるイラストが描かれ、スタッフの写真や、ユーザーからのメッセージ、ビンテージの家具などが飾られています

このお洒落なオフィスの最上階、サクレクール寺院が見える部屋でファニーさんが出迎えてくれました。

――素敵なオフィスですね、こんな場所で働いてみたいです。

MY LITTLE PARISでは、常にスタッフ皆がクリエーティブであるようにと考えています。 人はクリエーティブに生まれるのではなく、クリエーティブになるのだというのが私の考え。そのために、働く場所は大切にしています。インテリアも皆で作り上げたもので、ビンテージアイテムの中には、私が蚤の市で買ってきたものもありますよ。

例えば、すべてのスタッフが、クリエーションに関することなら、どんな本でも際限なく買うことが出来るようになっています。クリエーティブマネーという、クリエーティブな活動、例えばデザインの素材や料理のためのキッチンツールを買うといったことを奨励する予算もあります。新アイデアが思い浮かんだ人がいつでもそれをオンラインで発信できる仕組みも。クリエーティビティーには沢山のプロセスがあって、それをオーガナイズすべきだと思っています。

FASHION HEADLINE

トピックスRSS

ランキング