1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. グルメ

ミラノで行きたい! 絶品イタリアンジェラートショップ《ドゥオーモ地区編》【From cities 世界の都市に憧れて vol.12】

FASHION HEADLINE / 2021年7月29日 13時0分


連載【From cities 世界の都市に憧れて】では、パリ、ミラノ、NY etc...世界の都市の街のこと、注目アドレスやリアルなシティスナップなど、現地からの最旬情報をお届け! 近い未来、また気兼ねなく海外へ行き来できるようになったら行ってみたい、暫くは、そんな気持ちも込めてお送りしていきます。

第12回目は、イタリア・ミラノでおすすめの“絶品イタリアンジェラートショップ”にフォーカス。

ちなみに“ジェラート(Gelato)”とはイタリア語で「凍った」という意味。
アイスクリームに比べて乳脂肪分が少ないので、その分低カロリーなところもポイント!

ただ、一口にミラノといえど、様々な地区があり、加えて、現在ミラノには約800店舗のジェラテリアが存在するらしく、おすすめショップも各地区に点在するため、本企画はエリア毎に分け、3記事に渡って紹介していきます。

今回は、ミラノの鉄板観光名所の一つ、「ドゥオーモ(ミラノ大聖堂)」がある《ドゥオーモ地区編》をお届け。

ミラノのシンボル「ドゥオーモ(ミラノ大聖堂)」
ミラノ在住スタッフによる、各店の味わいレポートも必見! 早速チェックして。


01.「Ciacco」
乳製品・小麦アレルギーの人でも楽しめるメニューも展開

フレーバー:抹茶、チーズケーキ(カップまたはコーン / Sサイズ2.50€、Mサイズ3.00€、Lサイズ3.50€)
写真はSサイズ

「チャッコ(Ciacco)」は、2014年のオープン後、数々の賞を受賞しているジェラテリア。今年、2021年も“ガンベロロッソ・ジェラート部門”で、コーン3つを受賞した。

オーナーのステファノさんは、スイーツとしてのジェラートだけでなく、“食”としてのジェラートを常に研究。例えば、ジェラートをソースとして取り入れた“ジェラートカルボナーラ”や“ジェラートミートソース”といったような、新しいスタイルでのジェラートの楽しみ方も提案している。

そのオリジナリティーとハイクオリティさが評価され、チャッコのファンは、続々と増え続けている。また、乳製品アレルギーや小麦アレルギーの人でも楽しめるメニューが展開されている点も見逃せない。

フレーバー:イチゴ、レモン・バジリコ入り(カップまたはコーン / Sサイズ2.50€、Mサイズ3.00€、Lサイズ3.50€)
写真はコーンSサイズ

《From:ミラノ在住スタッフ》
まず、イチオシの抹茶味とチーズケーキ風味をカップ入りのスタイルでオーダー。率直に、この抹茶とチーズケーキのコンビネーションは◎! 抹茶は、店のこだわりで、日本の“宇治抹茶”を使っているだけあって、深く濃い抹茶の味わいを堪能できます。甘さは控えめ。食べた瞬間日本を思い出すようなフレーバーで、抹茶好きには、ぜひ食べてみて欲しい一品! チーズケーキ味のジェラートは、中にピスタチオやラズベリーのドライフルーツが入っていて、絶妙なハーモニーが楽しめます。もう一方のオーダーは、コーンでビス(イタリアでは、おかわりを「ビス(Bis)」と言う)。今度は、フルーツ系のフレーバーをチョイス。イチゴ味とレモン味(バジリコ入り)をセレクトしました。イチゴの甘さと、レモンの甘酸っぱいハーモニーが最高! 夏の時期にぴったりで、爽やかなテイストです。レモン味は、バジリコの葉っぱ入りということで、新鮮な印象でしたが、このアクセントが風味のフレッシュさをより一層引き立てています。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング