1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ファッション

コペンハーゲン最後の自治区クリスチャニアをテーマにしたルシアン ペラフィネ2022年春夏コレクション

FASHION HEADLINE / 2022年1月20日 17時0分

ルシアン ペラフィネ(lucien pellat-finet)2022年春夏コレクション


ルシアン ペラフィネ(lucien pellat-finet)の2022年春夏コレクションはデンマーク・コペンハーゲンのフリータウン、クリスチャニア(Christiania)をテーマに構成された。


この数シーズン、キューバ、スコットランドとブランドのルーツである色彩の美しさ、エターナルな自然といった原点に回帰した同ブランド。今シーズンはヒッピームーブメント、アナーキストといった社会変革、スピリチュアリティから自治社会を築いたクリスチャニアのダイバーシティな価値を尊重したコミュニティ(=クリスチャニア)に着目。


自然と調和したエコロジカルな生活様式を守るスタイルを“ねじれ”“意外性”“不協和音”などが産み出す多様性をオーバーサイズや肉厚の生地感のTシャツなどデザインに表現した。


1971 年、住宅問題に苦しむ⼩さな「ヒッピーのグループや失業者の⼈々がミリタリーベースで当時既に使われなくなっていた敷地をスクワットしたことにルーツを持つフリータウン・クリスチャニア。新型コロナ禍で世界的に生活様式の意識変革が問われるなかで、ユートピア、ワンダーランドを感じさせるクリスチャニアのゆったりした調和を、スコットランドカシミア、リネンコットンなど最高級の素材使いで楽しいワードローブが構成された。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください