日本最大のコーヒーイベント、東京コーヒーフェスが会場を拡大して開催! 100種類以上のコーヒーを飲み比べ

FASHION HEADLINE / 2018年9月20日 14時0分

「TOKYO COFFEE FESTIVAL 2018 autumn」が9月29日と30日に開催

第10回目となる日本最大級のコーヒーイベント「TOKYO COFFEE FESTIVAL」が、東京・青山の国連大学中庭にて、9月29日と30日の2日間開催される。

2015年秋に始まった「TOKYO COFFEE FESTIBAL」。第10回となる今回は、アジア最大のコーヒーイベントを目指して会場を拡大し、約70店舗のロースターやコーヒーショップ、コーヒーのおとも、アイテムが集まり、恒例のコーヒーの飲み比べも実施される。


国内外のコーヒー100種類以上が一挙にそろうコーヒーの飲み比べは、今回も使い捨てカップではなく、陶磁器製のオリジナルマグカップで楽しめる。カップに描かれたイラストは、若手アーティストのSenda Hanaと諸橋拓実によるもの。なお、個数限定販売のため、無くなり次第紙コップでの提供となる。


飲むだけではない、コーヒーの新しい楽しみ方として、コーヒー染めTシャツや、ソイキャンドルなど、使用済みのコーヒー粉を再利用したオリジナルグッズが初登場。前回の会場で集めたコーヒーの出がらしで作られたキャンドルに火を灯せば、時間を超えて会場に戻って来たコーヒーの優しい香りが漂う。また、コーヒー染めのTシャツは、奈良県のROKUMEI COFFEEの協力のもと、お店で出たコーヒーの出がらしを使って丁寧に染められている。


この他にも会場では、メルボルンを拠点に活動しているトラディショナルジャズバンド「The Lagerphones」の演奏や、2日間で6つのお店のエスプレッソドリンクが楽しめる、エスプレッソブースが登場。9月30日には、2017年ジャパンバリスタチャンピオンシップ優勝の石谷バリスタがゲストバリスタとして登場し、発売より10周年を迎えリニューアルした、UCCのエスプレッソ豆、Largoを使ってコーヒーメニューを振る舞う。

さらに、9月29日の13時から14時には、会場内隣接屋内スペース・Farmer’s Market Community Loungeにて、キーコーヒー株式会社・現地赴任経験者の佐藤圭二と、LIGHT UP COFFEEの川野優馬によるトークセッション「TALKING ABOUT ASIAN COFFEE ~東南アジアのコーヒー生産の現場を知る~」を開催。定員は40名、事前予約はイベント公式サイト(https://tokyocoffeefestival.co/)にて。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング