スープストックトーキョーによる、カレー居酒屋「YELLOW」がオープン! 大阪にカレーの新名所が誕生

FASHION HEADLINE / 2019年4月17日 17時15分

株式会社スープストックトーキョーが手がける新店舗として、食卓で旅するカレー居酒屋「イエロー(YELLOW)」が、グランフロント大阪に6月17日オープンする。

「YELLOW の〆カレー」(510円)

インドをはじめとした世界の国々の食文化や料理からインスピレーションを受け、40種類以上のスパイスを使用した異国情緒あふれるメニューがラインアップ。沢山の料理が楽しめるよう、どれも小皿料理で提供され、居酒屋らしくお酒に合う味付けが特徴。大阪の地ビールや、同店ならではな、スパイスを効かせたジンやウィスキーのカクテルといった、種類豊富なドリンクメニューとの相性も抜群。

「エッグホッパー」(482円)
名物メニューの「エッグホッパー」(482円)は、南インドやスリランカで見かけるクレープ状の食べ物「ホッパー」をアレンジしたもの。ライスパウダーやココナッツウォーター、ココナッツミルクを使用したほんのり甘めのドーム状の生地を半熟の卵黄にディップ。様々な具材を追加して、自分流にカスタマイズするのもおすすめ。 


「スパイス唐揚げ(大)MIX Special」(908円)
特製のたれに一晩漬けこみ、2種類のパウダーをまぶして揚げるジューシーでカリッカリな食感の「スパイス唐揚げ」は、柔らかい肉質の鶏の手羽中を厳選して使用。様々なスパイスとハーブを調合して作った、3種類のたれをかけていただくスタイル。見た目のインパクトも相まって、お箸とともに会話も進みそう。 


ランチメニュー「カレーの3乗」(1,278円) 
ランチタイムの営業も行われ、お肉のカレー、魚介のカレー、野菜のカレー、豆のカレーなど、常時5種類揃えるカレーの中から3種類をチョイスできる。3種がけでなく、それぞれのカレーを混ぜて3乗で楽しめば、組み合わせ次第で毎回新しい味の発見ができる。




また、注目したいのは「オゴリビト」という独自のサービス。注文した料理の中から当たりマークの付いたお皿が出たら、店内の他の卓の1名を指名し、その人のお会計を奢ることがでるというユニークなもの(奢る費用は店負担) 。 美味しい食事が、新しい友達探しのきっかけになることも。


少しの刺激とたっぷりの楽しさを感じさせてくれる料理とサービスは、まるでちょっとした旅気分。日常生活のスパイスを加えに非是訪れてみて! 




【店舗情報】
イエロー(YELLOW)
住所:大阪府大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪南館 1F
時間:ランチ&ティータイム 11:00〜17:00、ディナー 17:00〜23:00(L.O. ドリンク22:30/フード 22:15)
オープン:6月17日


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング