横浜赤レンガ倉庫に砂浜が出現! フードとお酒が楽しめる夏イベントがスタート

FASHION HEADLINE / 2019年7月26日 15時58分

横浜赤レンガ倉庫で「レッド ブリック ビーチ(RED BRICK BEACH)」開催

横浜赤レンガ倉庫のイベント広場では、プライベートビーチで潮風に吹かれながらゆったりと過ごすことができる夏イベント「レッド ブリック ビーチ(RED BRICK BEACH)」が、7月27日からスタートした。8月25日までの30日間開催される。



横浜にいながらリゾート気分を体感できる夏限定のイベント。子どもから大人まで非日常感を楽しむことができる横浜の夏の風物詩となっている。



今年のテーマは“プライベートビーチ”。みなとみらいのリゾート空間として赤レンガ倉庫にプライベートビーチが登場する。会場は、植物のプロ集団・SOLSOが今年も設計デザインを担当。エントランスゲートを抜けると、中央にヤシの木が設置され淡いピンク色で構成された異国情緒漂う空間が出現し、コンセプトが異なる4つのエリアが登場する。エリア奥では爽やかな潮風が吹く真っ白な砂浜が広がり、カラフルなテントの下で涼を感じることができ、会場内に設置されたハンモックやウッドデッキなどでイベント限定のフードやドリンクを楽しむことができる。







今回のフードは、過去最多の6店舗が出店。さっぱりとしたハーブの中に刺激的な辛さが残る「グリーンカレー」(税込1,200円)や、後を引く辛さが特徴的な「スパイシータコス」(税込1,200円)などが提供される。また、10時半から17時までのランチ・カフェタイム、17時から22時半までのバータイムと時間帯によって異なるメニューが販売され、バータイムでは「トミーズマルガリータ」(税込800円)などのアルコールを中心に、チーズフォンデュして食べるヤンニョムチキン「UFO チキン」(税込2,500円)や「メキシカンナチョス」(税込700円)など夜限定のおつまみメニューなども楽しむことができる。



「フルーツたっぷりスノーアイス」(税込1,300円)
ミルクのかき氷にたっぷりのフルーツやアイス、フルーツソースをトッピングした韓国発のスイーツ「フルーツたっぷりスノーアイス」(税込1,300円)や、オレンジやミント、ハイビスカスなど6色のゼリーとミルクのアイスを重ねた見た目も鮮やかなゼリードリンク「レインボーフラッペ」(税込700円)と、スイーツも楽しめる。




イベント期間中の週末は、お酒を嗜みながら大人な時間を楽しめる無料の限定ナイトイベントを、17時から22時まで開催。気持ち良い音楽が流れるライトアップされた会場で、昼とは違った雰囲気でまったりと夏の夜を過ごすことができる。





【イベント情報】
レッド ブリック ビーチ(RED BRICK BEACH)
期間:7月27日~8月25日
会場:横浜赤レンガ倉庫イベント広場
時間:10:30~22:30(L.O. 22:00)
入場無料、荒天の場合は休業有

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング