ルイ・ヴィトン、ヴァージル・アブローによる初のメンズジュエリーコレクションを発表

FASHION HEADLINE / 2019年6月14日 12時15分

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)がメンズ アーティスティック・ディレクターのヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)による初のファッションジュエリー・コレクションをローンチ。


ヴァージル・アブローが想い描くコンセプトを体現した、新たなファッションジュエリー・コレクション。メゾンのコンテンポラリーな雰囲気をエッセンスとして封じ込め、カテゴリーの枠を超えて共通する新たなボキャブラリーを具現化している。

2019年春夏メンズ・ショーに初めて登場し、さまざまなアクセサリーやレザーグッズにあしらわれたクラシカルなメンズ・ウエアのチェーンを再解釈。春夏ショーで随所に見られた要素を、ペンダントやブレスレット、リングに取入れた。
「コリエ・LVチェーンリンクス パッチーズ」(38万3,000円)
クラシカルなキューバンリンクから着想を得て、ヒップホップからスケートカルチャー、そしてコラボレーターたちのダイナミックなコミュニティまでより幅広い文化からさまざまな要素を取入れたデザインを創造。メンズ・ジュエリーの伝統に根ざしたチェーンは、細部にいたるまで施された独創的な素材使いや仕上げを通して、斬新でこの上なくエクスクルーシブなひねりを効かせたフォームに仕上がっている。
「ブラスレ・LVチェーンリンクス パッチーズ」(19万9,000円)
2019年春夏コレクションの主要なテーマであったレインボーストーリーにちなんで、マルチカラーを纏ったチェーンは、オレンジとブルーのエナメル、ヴィンテージ風に仕上げたゴールドカラーの美しい光沢感を放つ真鍮、「モノグラム」の刻印が施されたパラジウム仕上げ、そしてさまざまな色合いのクリスタルが隙間なく敷き詰められている。
「ペンダント・LVチェーンリンクス」(23万9,000円)
この魅惑的なアイテムには、「モノグラム」がアーティスティックなパターンで散りばめられた全面パラジウム仕上げのバージョンも登場。また、2つの特別なホワイトセラミックバージョンには、パラジウム仕上げの真鍮にエンボス加工でモノグラム・モチーフを施したペンダントとセラミックシグネットリングが登場する。

クラスプに刻まれているのは、「Louis Vuitton」と「R」の文字。登録商標を表すこの記号は、今コレクションのすべてのアイテムに登場するディテールだ。どちらも、ヴァージル・アブローによる純白のセラミックジュエリーが登場した2019年春夏コレクションにオマージュを捧げている。

ルイ・ヴィトンのメンズ・ウエアの重要なアイテムとして仲間入りする同コレクション。それぞれのアイテムには、メゾンを象徴するサヴォアフェール(匠の技)と、ヴァージル・アブロー自身のスタイルに対するビジョンが見事に融合している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング