資生堂パーラーの「2019 真夏のパフェフェア」、第2弾は初登場の富良野メロンのパフェなどが登場!

FASHION HEADLINE / 2019年7月30日 18時50分

資生堂パーラー、選りすぐりのフルーツを使用したパフェが楽しめる「2019 真夏のパフェフェア」開催

資生堂パーラーは、銀座本店 サロン・ド・カフェにて「2019 真夏のパフェフェア」を7月2日から8月25日まで開催する。


フェアは2期に分けて行われ、第1弾は7月2日から31日まで、第2弾は8月1日から25日までの期間で開催される。通期で提供されるストロベリーパフェに加え、それぞれの期間で3種類ずつ、計6種類の産地や旬にこだわったフルーツをメインにしたパフェがラインアップする。


第1弾
(7月2日〜31日)

7月2日から31日まで展開される第1弾では、桃、アップルマンゴー、ブルーベリーのパフェが登場する。

「和歌山県 酒井農園産 あらかわの桃のパフェ」(税込2,160円)
「和歌山県 酒井農園産 あらかわの桃のパフェ」(税込2,160円)は、東京では入手困難な希少品でもある、和歌山県を代表するブランド桃「あらかわの桃」を使用。ピンクピーチシャーベットやゼリーにもフレッシュな完熟桃を使用しており、口いっぱいに桃の芳醇な香りとやさしい甘さが広がる一品。


「沖縄県産 アップルマンゴーのパフェ」 (税込2,580円)
「沖縄県産 アップルマンゴーのパフェ」 (税込2,580円)は、とろけるように柔らかい果肉と、上品な甘さの中にも程よい酸味と濃厚なコクが感じられる沖縄県産アップルマンゴーを贅沢に使用したパフェ。合わせたミルクアイスクリームとベリーソースが、味により一層の深みを与えている。


「岐阜県 揖斐郡産 ブルーベリーのパフェ」(税込1,980円) 
「岐阜県 揖斐郡産 ブルーベリーのパフェ」(税込1,980円) は、プチっとした食感の中に美味しさが凝縮された大粒ブルーベリーを、シャーベットやクリーム、ゼリーにも使用。自家製ミルクアイスクリームがブルーベリーの甘みと酸味を引き立てている。グラス底にあしらったマスカットゼリーとのマリアージュも楽しい一品。



第2弾
(8月1日〜25日)

8月1日から始まる第2弾では、いちじく、キーツマンゴー、そして同店初となるメロンのパフェがが登場する。

「和歌山県 紀の川市産 いちじくのパフェ 」(税込2,160円)

「和歌山県 紀の川市産 いちじくのパフェ 」(税込2,160円)は、旬のいちじくを丸ごと味わえるよう、赤ワインで煮込んだコンポートや、ソース、シャーベット、チュイールなどさまざまな素材にいちじくを贅沢に使用。上には丸くカットされたいちじくや、いちじくとりんごのジュレをトッピング。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング