アリ・アスター監督最新作『ミッドサマー』が日本公開決定! 東京国際映画祭での先行上映も

FASHION HEADLINE / 2019年10月9日 7時0分

世界中で最高の評価を受けた映画『ヘレディタリー/継承』のアリ・アスター監督最新作にして、最注目スタジオA24が贈るスリラー『ミッドサマー(原題:MIDSOMMAR)』が日本公開決定。2020年2月にTOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショーが決定し、監督の初来日も予定されている。

(C) 2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.
太陽と花々に満たされた明るい祝祭が舞台の“フェスティバル・スリラー”である本作。家族を不慮の事故で失ったダニー(フローレンス・ピュー)は、大学で民俗学を研究する恋人や友人と5人でスウェーデンの奥地で開かれる“90年に一度の祝祭”を訪れる。美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まないその村は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように思えた。

しかし、次第に不穏な空気が漂い始め、ダニーの心はかき乱されていく。妄想、トラウマ、不安、恐怖……それは想像を絶する悪夢の始まりだった。恐怖の歴史を覆す、暗闇とは真逆の明るい祝祭を舞台に、天才的な発想と演出、全シーンが伏線となる緻密な脚本、観る者を魅惑する極彩色の映像美が一体となり、永遠に忘れられないラストに到達する。

監督は、2018年に公開された『ヘレディタリー/継承』があらゆる批評家、映画サイト、映画誌の年間ベスト作品にランクインし、本作でも「本物の天才」「恐怖映画の新たな神」と評された最注目のアリ・アスター。本作の公開に合わせ、初来日も予定されている。

さらに、第32回東京国際映画祭のオールナイト上映で、11月2日に一夜限りの復活を遂げる「シン・ファンタ 復活!?東京国際ファンタスティック映画祭ナイト」のオープニング上映作品に本作が緊急決定。同映画祭は、ホラー・スリラー映画のブームを牽引し、日本のアニメや、香港・韓国・インド映画にもいち早く注目して来た伝説の映画祭。2005年以来、14年ぶりの復活となるオールナイト上映が本作のジャパンプレミアとなる。


【作品情報】
『ミッドサマー』(原題:MIDSOMMAR)
2019年、アメリカ映画、ビスタサイズ、上映時間147分
公開日:2020年2月(TOHOシネマズ 日比谷他全国ロードショー)
配給:ファントム・フィルム
脚本・監督:アリ・アスター
出演:フローレンス・ピュー、ジャック・レイナー、ウィル・ポールター、ウィリアム・ジャクソン・ハーパー、ウィルヘルム・ブロングレン、アーチー・マデクウィ、エローラ・トルキア

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング