手持ちのテーラードジャケットでOK! 最旬スタイルにアップデートするスタイリング術【パリスナップ】

FASHION HEADLINE / 2019年10月11日 12時0分

ストリートから“ニュークラシック”へとトレンドが移行しても、タイムレスで業界人から愛されるのはテーラードジャケット。普段着として、オフィスウエアとして、様々な場面で活躍してくれる普遍のアイテム。今季はテーラードジャケット自体のデザインというよりも、何を合わせてスタイリングするのかで変化が見られた。


1.
アナベル・ローゼンダール(スタイリスト)


スタイリストのアナベル・ローゼンダール(Annabel Rosendahl)はさすがのスタイリング! ウクライナ発ブランド「フロー(FLOW)」の変形型テーラードジャケットに白のワントーンコーデ。80年代風のヴィンテージライクな「イヴ サン ローラン(YVES SAINT LAURENT)」のバッグ、「ティビ(TIBI)」のブーツ、頭に巻いた「エルメス(HERMES)」のスカーフと、クラシックなスタイルを見事にモダンに仕上げている。


2.
ペルニーレ・タイスバック(インフルエンサー)


トレンドに左右されない独自のスタイルを貫くインフルエンサーのペルニーレ・タイスバック(Pernille Teisbaek)は、「フランキー ショップ(FRANKIE SHOP)」のスーツセットアップと「ボッテガ ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」のビッグサイズトートバッグで登場した。シャツのボタンは一番上まで閉めて、髪はカッチリ結び、ハンサムレディな印象に。


3.
マリヤン・ジョンクマン(モデル)


インスタグラムにアップした自撮りの写真が注目を集め、瞬く間に売れっ子モデルの仲間入りを果たしたマリヤン・ジョンクマン(Marjan Jonkman)。オーバーサイズのテーラードジャケットにはヴィンテージのコンビネゾンを合わせてカジュアルダウン。今季のトレンドシューズの一つであるロングブーツに「シャネル(CHANEL)」のチェーンバッグを合わせて、コンサバなテイストをミックスさせた。


4.
エリーナ・ハリミ(インフルエンサー)


インフルエンサーのエリーナ・ハリミ(Eliena Halimi)はウクライナ発ブランド「リトコフスカヤ(LITKOVSKAYA)」を大胆にもドレスとして着用! 彫刻的なフォルムの大ぶりなゴールドネックレス、ニーハイブーツ、バッグもトータルでアート作品のようなスタイリング。少々勇気がいるけれど、鍛え抜かれた身体を披露したい人はぜひ参考に!


【番外編】





ランウェイと同じくオフランウェイにも、今季は膝丈のロングブーツ着用者が多かった。数年はバリエーション豊かなショートブーツが登場していたけれど、ここに来てどこか懐かしさを感じるロングブーツが再燃中。脚長効果があるため、特に背の低い人には嬉しいトレンドかも。パンツにスカートにドレスにと、自分なりの着こなしを見つけてみて!


【プロフィール】
ELIE INOUE
パリ在住ジャーナリスト。大学卒業後、ニューヨークに渡りファッションジャーナリスト、コーディネーターとして経験を積む。2016年からパリに拠点を移し、各都市のコレクション取材やデザイナーのインタビュー、ファッションやライフスタイルの取材、執筆を手掛ける。主な寄稿媒体はFASHION HEADLINE、WWD Japan、ELLE Japan等。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング