ロンドン発ジュエリーブランド、ラッツェル アンド ウォルフが新宿伊勢丹でポップアップ開催

FASHION HEADLINE / 2019年11月27日 12時30分

ラッツェル アンド ウォルフ(RÄTHEL & WOLF)が新宿伊勢丹でポップアップ

ロンドン発のジュエリーブランド、ラッツェル アンド ウォルフ(RÄTHEL & WOLF)が、伊勢丹新宿店本館3階=インターナショナルクリエーターズ/リ・スタイル プラスにて、11月27日から12月3日まで期間限定ショップをオープン。新作アイテムを先行販売する。


デザイナーのサリ・ラッツェルとリカルダ・ウォルフによる、ロンドンを拠点とするブランド、ラッツェル アンド ウォルフ。“身に着けるコンテンポラリーアート”、“体に感応するジュエリー”と話題を呼んでいる。

2020年春夏のコレクションは、“天球上において観測者の真上に当たる点”を指す、ドイツ語の「ツェニート(ZENIT)」をインスピレーション源に、太陽系の遊星運動の計り知れない壮大さを手足や身体の一部器官の周囲に描き、思索的かつ普遍的要素を持った雰囲気を醸し出している。また将来的な宇宙旅行というアイディアを取り入れ、惑星や土星の環のような不随物からインスパイアされた天体の地軸や軌道を体に添わせるようなラインで表現している。

「イヤーカフ」シルバー925(税込6万3,800円)

イヤリングは張力式やクリップ式により引っ掛けるように着用し、ピアスホールの必要がなく、体に調和するデザイン。まさに“コンテンポラリーアート”なリングは、新しいネイルアートの在り方を提案してくれるような新鮮さ。

「リング」シルバー925(各税込2万8,600円)
昨今では、2018年のグラミー賞で歌手のイブが着用、またロンドンファッションウィークでプレゼンテーションを行い、英国エリザベス女王に称賛されるなど注目を集め、国内外からの期待も高い同ブランド。この機会にぜひ手に取ってみて。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング