スターバックス コーヒー、ミヤシタパーク店がオープン! 藤原ヒロシがプロデュース。店舗限定グッズも

FASHION HEADLINE / 2020年7月28日 13時20分

渋谷の新たなランドマーク、ミヤシタパーク(MIYASHITA PARK)内の渋谷区立宮下公園に「スターバックスコーヒーMIYASHITA PARK店」が、8月4日オープン。同店舗は、都内に5店舗目の公園店舗となる。

8月4日にオープンする「スターバックスコーヒーMIYASHITA PARK店」
店舗デザインのコンセプトは、“海外のガソリンスタンド”

“ミヤシタパーク”は、渋谷区立宮下公園・商業施設・ホテルが一体となった新しい形のミクストユース型施設。その屋上に再整備された“宮下公園”には、以前より親しまれてきたスケート場やボルダリングウォールに加え、多目的運動施設を新設する他、イベントも行える芝生ひろばが広がる。

そんな、新たに生まれ変わった宮下公園内に唯一出店されるのが「スターバックスコーヒーMIYASHITA PARK店」だ。

同店舗は、フラグメント(Fragment)の藤原ヒロシ(Hiroshi Fujiwara)プロデュースの店舗で、彼ならではのアイディアとバランスによって、全く新しいスタイルのスターバックスが誕生。広大な空き地の真ん中に、ポンと箱を置いたような店舗の佇まいと、店舗の正面と側面の2面のガラス戸がフルオープンするデザインが特徴。

グリーンの植栽が店内へと繋がるように、床面の一部もグリーンにデザインされていたり、施設に使用されているメッシュ(金網)と同じものを使用した構造がそのまま見える天井のつくりであったりと、店舗コンセプトが色濃く反映されている。


このイメージが用いられた理由は、同店舗が広い敷地を有する公園内において唯一の出店店舗であるということから、海外の延々と続く道の途中にポツンと存在するガソリンスタンドに結び付いたことと、公園とガソリンスタンドとスターバックスという組み合わせの“違和感”が面白さにつながる、という考えから。

その“違和感”は、店舗奥のグッズやコーヒー豆が並ぶシェルフにも施されている。店舗の中央に置かれたガラステーブルとの相性もよく、店内空間の遊びと公園の解放感という違和感のバランスが、ここで過ごす時間をより楽しく豊かに演出。

都会の公園に誕生したこの「スターバックスコーヒーMIYASHITA PARK店」は、そのコンセプトからもイメージできるように、様々な場所から訪れる人々が、すっと立ち寄り、喉の渇きを癒し、エネルギーをチャージして次の目的地へと走り出す、そんな店舗として多くの人々に親しまれていくだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング